Sexにおける極意

こんにちは、WINGSです。

セックスにおける極意についてお伝えしていきたいと思います。

他の記事で、ヒーリングの視点でのセックスについて述べたことがありましたが、

今回は、その中でもセックスについての愛の観点からの記事を綴ってまいります。


まずは、セックスは、肉体を持った私たち(動物やその他生物も後尾という肉体関係を持つことができますね。)が可能とされる、地球ならではの愛を感じることのできる行為です。

肉体を持っていない、宇宙の存在である場合、このような肉体の接触が実現されませんが、

いまこの地上に生まれてこれた私たち生物は肉体(エネルギー素粒子の密度の濃いもの)を持ったどうしが”触れ合う”といった尊い行為を慈しみ合うことが可能となっております。

そこで、何が行われているかと申しますと、

愛の交換です。

ヒーリングマッサージをしているからわかりますが、みなさまも、マッサージなどの施術を受けたことがあるひとはご存知かと思います。

ひとのコミュニケーションは、話すこと以外にも、触れる、感じる、渡す、目で見つめ合う、テレパシーなど様々です。

特に、このセックスにおいては、コミュニケーションの中の様々なものを、有限な肉体を持って相手に表現し合える素晴らしいものであります。

相手が何を感じ、どこが感じ、何が嬉しいのかを感じるとともに、相手に心も体も開きゆだね、ひとつに溶け合うようなセックスができたら皆、深い愛を感じられるのではないでしょうか。

✴︎ ✴︎ ✴︎

また、別の視点からセックスを論じてみると、

肉体を持った私たちの持つ特有の7つのチャクラシステムが活動し、交わります。

多角的なヒーリングの視点においては、

セックスの際に活発となるチャクラは

なにを求めて触れ合いたいか、またお相手とどのような関係性でどのくらいハートを開いているか、セックスに対する意識によって、ひとにより変わってきます。

例えば、人との触れ合いがすき、人がすき、などのなつっこい場合にはハートチャクラが活発となります。

身体が疲れていた場合、癒すような優しい愛撫、言葉かけや触れ合う、与える・受け取るといった行為によって、

肉体の表層のオーラ層が穏やかになります。

性行為自体が、結果的に赤の第一チャクラ、ルートチャクラを活性化させる働きをします。

セックスという行為において人それぞれ今なにを求めているのかどうなりたいか、どこを意識して行うかにより、結果や精神的な満足感が変わるのです。

そしてお題のセックスにおける極意についてですけれども、それはやはり

「愛」です。

思いやるこころ、

なにを求めているのか感じるスキル、

目の前にいるひとを慈しみ、大切だと感じるこころ。

受け取るのも愛、与えるのも愛。

そんなハートをオープンにし合える勇気や優しさや滲み出る愛。

そんな、触れ合いの中で感じる愛がエネルギー的にもより神聖なクリアでパワフルなものを交換または生み出すのだと思えます。


そしてこれは、とても大切な極意なのですが、

肉体的に、男性と女性のペアの場合、その構造的には完全に役割がわかられています。

女性の体は受け入れる、綺麗な浄化・美しい水(子宮)の中に男性(性)を招き入れる力、そしてそこから無限のパワーを創り出し、生み出すちから。

そんな秘められた貴重な役割があります。

男性側はといいますと、グラウディングされた力強い不動の無条件の愛のちからを表現する役割があります。

そんな役割の中では、扉を開く(最高の満足感を2人が得られ、さらには周囲へ広めていけるほどのエネルギーを創り出す、言ってみれば神様によって結ばれたセックスを得られる)キーは、

この受け取る女性に敬意を払うことにあります。

どんな女性もこの真理を知っています。

そして、それを受け取る男性を見極めているのです。

「本当の愛」だけがその女性を開くキーであって、真(神)理なのです。

ですから、愛を受け取れる女性になりましょう。

本物の愛を見つけられる男性に成長しましょう!

みなさまの愛性活を応援しております♫



スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク